お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

2017年11月17日

稲葉ジャパン

ENEOSアジアプロ野球チャンピオンシップ2017で稲葉ジャパンが、延長タイブレークの末に8―7で韓国に逆転勝ちしました。

日本は6回に4番・山川選手の2ランで1点差にし、9回の1死満塁で押し出しの四球で同点に追いつき、タイブレークの10回に3失点しましたが、その裏上林選手の3ランで同点に追いつき、2死2塁から田村選手のヒットでサヨナラ勝ちしたそうです。

新生侍ジャパンの初陣白星、おめでとう!!

posted by middle-father at 00:09| スポーツ | 更新情報をチェックする